ふにゃふにゃのおせち料理

おせち料理の中で手間がかかるなと思うのが
数の子ですが作り方知っているでしょうか。

まず数の子についている塩を抜くために水に
30分ほどつけ、その後水を取り替え更に2~
3時間ほどつけておきます。

味見をして好みの塩加減まで塩気が落ちたら
水の中で薄皮をきれいに剥いでいき、
冷やした好みの味付の出汁に漬け込みます。

簡単に説明すると以上のような行程で祖母が
数の子を作って行くのを小さい時から見ていました。
中学生のころのことです。

隣に済む20代後半のお姉さんが縁側の窓をあけ
祖母に声をかけました。

「おばちゃん!数の子つくったっちゃけど、
どうやって作ると?
ふにゃふにゃして気持ち悪いんやけど」と。

ふにゃふにゃして気持ち悪いというフレーズ
で祖母はすぐに分かったようで
「あんた。数の子煮たやろ?」と。

祖母の勘は当たり「煮らんでどうやって作ると?」と
返事が返ってくるやりとりを私はニヤニヤしながら
見ていた記憶があります。

今はネットが普及しているので分からないこ
とはすぐに調べることができますが当時はレシピ
本を買わなければレシピはわかりませんでした。

分からなければ最初に聞けばいいのですが
何となくで作ってみたのでしょうね。

年末にさしかかり年に1度しか作らないおせち料理。
普段の料理法とは違うので分からないことは
きちんと調べてから作ったほうがいいようです。

最近は作らなくてもインターネットで注文出来るので
時間が無いけどお金のある人はおせち料理の注文を
しているみたいです。

友人は添加物が入っていなくて楽天よりお得に購入と
いってこれを注文していましたよ。
オイシックスの おせち 楽天