健康診断に行くのが怖いそうです

友人のお姉さんの話です。
聞いていると40歳を過ぎると
こんな事もあって気をつけようと思いました。

以下に書いてみますのでこれから40歳を超える人は
参考にしてみると良いと思いますよ。

若い頃、健康診断を受けるのは「仕事を堂々と休める日」
くらいの気持ちで、恐怖なんて全くありませんでした。

しかし40歳を超すと健康診断の項目が急に増えて、診断結果も
基準値から外れる数値がちらほら出てきました。
時には薬を処方されるほどの悪い数値が出ることもあります。

それゆえ診断結果の封筒が手元に届くと、開封するときの
緊張感がはんぱないです!
今年は2月に受けてきましたが、やはり「要再検査」項目が
2つほどありました。。。

自分では若い頃と気持ちは変わっていないのに、
体は確実に年老いてるなと実感してしまいます。

40歳になると女性はマンモグラフィ検査も受ける項目に
入ってきますが、受けたことがある方は分かると思いますが、
結構痛いんですよね。

看護師さんに胸の肉を寄せてもらって何とかレントゲンを
撮りますが息を止めるくらいグッと苦痛をこらえます。

次に胃カメラ。麻酔が効けば楽な検査ですが、麻酔が効かずに
意識があると最悪です。

でも、健康には変えられません。薬や生活習慣の見直しで
改善できるうちに治せるならそれに越したことはありません。
歳と共に健康診断が怖くなってきましたが、それでも
自分のために毎年必ず受けるつもりです。

如何でしたか?
40歳を過ぎた女性の身体は大変そうですね。
そんな時プラセンタで少し補ってあげると良さそうですよ。
母の滴プラセンタEX 体験談